EN

事業化支援・ベンチャー投資

「技術シーズをベースにベンチャー企業を立ち上げたいけど何から始めたら良いかわからない」、「事業化支援人材の育成が難しい」といった課題をお持ちではありませんか?弊社の事業化支援・ベンチャー投資では、ベンチャー企業の設立から育成まで、様々な角度で初期的検討段階からクロージングまで一貫して海外での事業拡大をサポート致します。

提供サービス

技術シーズの事業化

創業前のビジネスモデル策定からパートナー探索、経営者探索など包括的に事業化を支援します。JSTの起業実証支援のプロモーター(任期終了)として、またNEDOのカタライザー・ARとして大学発スタートアップの創出・事業拡大支援も行っております。

ベンチャー投資

創業時~シードステージを主な対象としてベンチャー投資を行っています。投資後には弊社および弊グループのリソースを活用しながら事業支援を行います。国内外を問わず投資対象としています。

事業成長支援

投資先に限らず、スタートアップの資金調達・顧客獲得・海外進出をサポートしています。投資家向けの資料作成、営業資料作成、海外での市場性調査なども対応しています。

アクセラレーションプログラム

海外投資家からの資金調達サポート、海外市場への参入サポートを目的としたアクセラレーションプログラムを運営しています。対象は海外スタートアップ及び日本のスタートアップで、ステージはシードからシリーズAです。

事業化人材育成

弊社自身で事業化支援を行ってきたノウハウと元にした、e-learning・ワークショップ・OJTを組み合わせた独自のメソッドで事業化人材を育成致します。

事例

アクセラレーションプログラム

アフリカのスタートアップを対象したアクセラレーションプログラム。海外投資家からの資金調達をターゲットとし、メンタリングとマスタークラス、マッチング及び交渉サポートを実施。

インドネシアのスタートアップを対象に、東南アジア及び日本のスタートアップからの資金調達を目的に実施。Plug and Play Indonesiaと提携し、メンタリングとマスタークラス、マッチング及び交渉サポートを実施。

東京都の事業である、TOKYO SUTEAM採択プロジェクト。東南アジアから日本、日本から東南アジアへの進出を目的に実施。メンタリングとマスタークラス、マッチング及び交渉サポートの提供、及び渡航費も補助。

ベンチャー投資

弊社がGPとして運営したきょうと農林漁業成長支援ファンドは、京都府下の地方銀行および信用金庫を中心に構成される官民の6次産業化支援ファンドです。投資した事業体は4社あり、6次産業化に取り組む事業者への出資のほか、京都府内の農林漁業関係団体等と連携して経営支援等の総合的なサポートを行い、地元農林漁業の成長産業化を支援してきました。

本ファンドは株式会社農林漁業成長産業化支援機構(略称A-FIVE)のサブファンドとして設立されたファンドですが、その中で収益化して出資者の皆様にリターンをすることができました。

ベンチャー投資先

pagetopへ